Uncategorized

ストレスとホルモンバランス

投稿日:

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、4~5日くらいちゃんと薬を飲めば、大体、9割近くの患者さんの自覚症状は無くなりますが、さりとて食道粘膜の炎症反応が完治したとは言い切れないので気を付けましょう。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や足がしびれるような感覚があったり下肢の著しいむくみなどが代表的で、病状が進行すると、最も重症のケースでは呼吸困難に陥る心不全なども発症することがあります。

ポリフェノール最大の働きは水溶性のL-アスコルビン酸やトコフェロールなどとは違っていて、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化を遅れさせる効果があるそうです。

汗疱(かんぽう)とは掌や足の裏、または指と指の隙間などに細かな水疱がみられる症状で、通俗的には汗疹(あせも)と呼び、足の裏に現れると水虫と間違われるケースが結構あります。

メタボリックシンドロームであるとは言われなくても、内臓の脂肪が付着してしまう性質の肥満症を持ってしまう事によって、重い生活習慣病を招きやすくなります。

高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、膨大な研究結果として、ワクチンの効果を望めるのは、接種日のおよそ2週間後からおよそ5カ月間位と言われているようです。

内臓に脂肪が多いことによる肥満が診られて、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)の中で2個以上に当て嵌まる状態を、メタボリック症候群と呼びます。

ちょっとした捻挫だと自己判断し、湿布をして包帯やテーピングでとりあえず固定し、様子を窺うよりも、応急処置をしたら一刻も早く整形外科を訪れることが、早く完治させる近道となるのです。

人の耳の内部構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に分類できますが、中耳の部分に細菌やウィルスが付き、発赤等の炎症が起きたり、体液が滞留する症状を中耳炎と言います。

眩暈がなく、強い耳鳴りと難聴のみを何度も繰り返すケースを「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere's Disease)」と診断することもあるのです。

もしも検査で恐れていた通り女性ホルモンの量が基準値よりも少なく早期閉経だと分かった場合、足りない女性ホルモンを足してあげる治療で緩和が期待できます。

寝姿を見ることで、入居者が猫のことを愛おしく感じると「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを緩和したり心のヒーリングなどに繋がっていくのです。

吐血と喀血、いずれも口腔から血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺を通っている気道(きどう、呼吸器の一種)からの出血のことで、吐血の方は無腸間膜小腸より上部にある消化管から出血する症状のことを指しているのです。

植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の類であるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓に存在している解毒酵素自体の製造活動を促進しているかもしれないという真実が明らかになってきました。

なんとなく「ストレス」は、「無くすもの」「取り去るべき」と敬遠しがちですが、実を言えば、私たち人間は色々なストレスを経験するからこそ、生活し続けることが可能になっているのです。

-Uncategorized

Copyright© 健康に関する最新のニュースをお届け , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.